パッキャオvsブローナー 「結果」 WBA世界ウェルター級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

19日(日本時間20日)、米・ラスベガスのMGMグランドで開催された、WBA世界ウェルター級タイトルマッチ。6階級制覇の正規王者マニー・パッキャオ(比)に、元4階級制覇王者エイドリアン・ブローナー(米)が挑んだ一戦は、パッキャオが判定勝ち。スコアは117-111、116-112、116-112。

 

パッキャオが終始攻めの姿勢を見せ試合をコントロール。7回には左ストレートからチャンスを掴み、連打でブローナーを追い込んだ。ブローナーはカウンター狙いの待機戦法で、最後まで後手の印象はぬぐえなかった