アンドラーデvsアカボフ 「結果」 WBO世界ミドル級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

18日(日本時間19日)、米・ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデン・シアターで開催されたDAZN興行のメイン。WBO世界ミドル級タイトルマッチ。王者デメトリアス・アンドラーデ(米)に同級8位アルツール・アカボフ(ロシア)が挑んだ一戦は、アンドラーデが最終回2分36秒TKO勝ち。

 

 

サウスポー同士の対戦は、試合開始から体格で勝るアンドラーデが、長い距離からのフリッカージャブを中心に主導権を握る。序盤からいつになく積極的に仕掛けたアンドラーデだったが、決定的場面を作ることは出来ず、右目上のカットもあり、じり貧となったアカボフの手が出なくなった最終回、レフェリーストップとなった。

 

    

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります