2/5 ワイルダーvsフューリー 「入札指令!」 WBC世界ヘビー級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBCマウリシオ・スライマン会長は、昨年12月に引き分けたヘビー級王者ディオンテイ・ワイルダー(米)と、同級2位タイソン・フューリー(英)の再戦交渉がまとまらない場合、2月5日(日本時間6日)に入札を開催することを発表。通常、チャンピオン70%、挑戦者30%となるファイトマネーの分配を、元統一王者であるフューリーの人気を考慮し、ワイルダー60%、フューリー40%とするとしている。そして、これを聞いたマッチルーム・USAのエディ・ハーンは、「クレイジーな金額で取りに行く」と言明。今後の交渉が注目される。