V5 拳四朗 「盤石の勝利!」 WBC世界ライトフライ級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

30日、東京・大田区総合体育館で5度目の防衛戦に挑んだ、WBC世界ライトフライ級チャンピオン拳四朗(BMB)選手は、序盤から同級7位サウル・フアレス(メキシコ)を圧倒。挑戦者に付け入る隙を与えず、大差の判定勝利を飾った。

 

 

立ち上がりから王者のフットワークと速い左が試合を支配。中盤以降はKOが期待された。

 

 

ボディも効いていた挑戦者だが、最終ラウンドまで粘りを発揮。

 

 

公式スコアは120-108、119-109、119-109。安定したボクシングでV5に成功した王者は、笑顔を見せながらもKOを狙い焦り過ぎたことを反省。今後の目標として、元WBA世界同級王者具志堅用高(協栄)氏の持つ13度の連続防衛記録への挑戦を掲げた。海外でのj評価も高い、拳四朗選手の今後に注目。

 

    

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります