V1 伊藤雅雪「1位を圧倒!」 WBO世界スーパーフェザー級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

WBO世界スーパーフェザー級王座の初防衛戦に挑んだチャンピオン伊藤雅雪(伴流)選手は、第7ラウンド、同級1位エフゲニー・チュプラコフ(ロシア)を青コーナーに詰め一気の猛攻。何とか逃れようとする挑戦者を容赦ない連打で打ち破った。12月30日、東京・大田区総合体育館。

 

 

ガードを上げ、頭を低くして出るやりにくい挑戦者だったが、ついに王者が捕まえた。

 

 

伊藤選手の連打にさらされるチュプラコフを見ていたコーナーはタオルを投入。TKOタイム7回2分11秒。

 

 

チーフセコンドを務めたルディ・エルナンデス(米)トレーナーと勝利を喜ぶ伊藤選手。この試合はESPN+で全米にも放送。米国での王座奪取戦のインパクトが強かった伊藤選手には、トップランクがV2戦を米国で用意する意向があり、IBF世界同級10位ジャメル・ヘリング(米)=19勝(10KO)2敗=が挑戦者候補にあげられている。今後に注目。

 

    

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります