2/2 11戦無敗・ロマチェンコ挑戦希望ロペスvsマグダレノ 「トップランク興行」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

トップランク期待のライト級超新星。11戦無敗(9KO)テオフィモ・ロペス(米・21歳)が、来年2月2日(日本時間3日)に米・テキサス州フリスコで開催される、アルバレスvsコバレフ再戦興行で、元世界挑戦者のディエゴ・マグダレノ(米・32歳)=31勝(13KO)2敗=と対戦。現在、WBA、WBOライト級11位、WBC15位にランクされるロペスは、今月8日(日本時間9日)のマジソン・スクエア・ガーデン興行で、メイソン・メナード(米)=34勝(24KO)3敗=を、初回44秒に右の一撃でKO。ファン、関係者の度肝を抜いた。

 

 

メナード戦でNABF、NABA、USBA3本のライト級ベルトを獲得したロペスの2019年の目標は世界ライト級タイトルで、そのターゲットはWBO&WBAスーパー王者のワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)。「現代を代表するボクサーになりたい」というロペスの今後に大いに注目。

 

    

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります