【Photo】 テイラーvsワールストルム 「無敗対決!」 WBA&IBF女子世界ライト級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

WBA&IBF女子世界ライト級タイトルマッチ。王者ケイティ・テイラー(アイルランド)vs挑戦者・WBC女子世界スーパーフェザー級王者エバ・ワールストルム(フィンランド)。12月15日(日本時間16日)、米・ニューヨーク、マジソン・スクエア・ガーデン。11戦無敗(5KO)の2団体統一王者テイラー。

 

 

挑戦者は階級を上げ、2階級制覇を目指すWBC世界スーパーフェザー級王者ワールストルム。22勝(3KO)無敗1分。自国以外のリングで戦うのは初めて。

 

 

果敢に攻め込む挑戦者だが、王者が試合を支配。

 

 

ワールストルムは、なかなか突破口を見いだせない。

 

 

 バーナード・ブルニ(米)、ラリー・ハザード・ジュニア(米)、デビッド・サザーランド(米)の3人のジャッジが揃って100-90とスコアする圧勝でテイラーが勝利。

 

 

右端はランディ・ゴードンIBF立会人(米)。その隣はシヴァナ・インナルシング米)WBA立会人。左端はヒルベルト・メンドサ・ジュニアWBA会長。

 

 

ロンドン五輪女子ライト級で金メダルを獲得しているテイラーは、プロ7戦目で世界王座を獲得。契約するエディ・ハーン(英)のプロモートによる、今後の女子強豪対決に注目。

 

    

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります