WBAゴールド王座決定戦 ソロvsベンデティ 「結果」 スーパーウェルター級 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

8日(日本時間9日)、仏・パリで開催されたWBAスーパーウェルター級ゴールド王座決定戦。同級1位ミシェル・ソロ(仏(と、同級9位グレグ・ベンデティ(米)の一戦は、ソロが2回TKO勝ちで新王者。既にWBAはクルーザー級暫定王者だったアルセン・グラムイリアン(アルメニア)を、ゴールド王者に名前を変えて認定。勝ったソロは二人目のゴールド王者となる。今後、他のクラスに存在する暫定王者が、ゴールド王者と名前を変えて行くのかは不明。

 

    

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります