ガンボアvsベルトランJr 「結果」 ライト級10回戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

10日(日本時間11日)、米・フロリダ州マイアミのマイアミ・デイド・フェア & エクスポ。元3階級制覇(暫定含)王者ユリオルキス・ガンボア(キューバ)が、約1年ぶりにリング復帰。世界戦経験のあるミゲル・ベルトランJr(メキシコ)=32勝(21KO)6敗1NC=とグローブを交えたライト級10回戦は、ガンボアが判定勝ち。スコアは99-90、98-91、100-89の3-0。

 

 

セミファイナルに出場した元2階級制覇王者ファン・マヌエル・ロペス(プエルトリコ)は、クリスチャン・ルーベン・ミノ(亜)=19勝(17KO)2敗=に10回判定勝ち。スコアは97-88、96-89、96-89の3-0。今年3月にジェイソン・ペレス(プエルトリコ)に敗れて以来の再起戦を飾ったファンマ・ロペスの次戦は、メインで勝ったガンボアとの対戦が計画されている。

 

★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります