ウシクvsベリュー 「結果」 4団体統一世界クルーザー級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

10日(日本時間11日)、英・マンチェスター、マンチェスター・アリーナで開催された、WBC、IBF、WBO世界クルーザー級WBA同級スーパー王者アレクサンデル・ウシク(ウクライナ)に、WBC世界同級名誉王者トニー・ベリュー(英)が挑んだ注目の一戦は、第8ラウンド、ウシクがロングレンジからの左フック一発でダウンを奪う。何とか立ち上がろうとしたベリューだったが、ダメージを見て取ったテリー・オコーナー(英)主審はカウント途中で試合をストップ。ウシクが統一王座の防衛に成功。

 

★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります