5連敗ソト・カラスvs17戦無敗マシアス 「結果」 スーパーウェルター級10回戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

8日(日本時間9日)、米・カリフォルニア州インディオのファンタジー・スプリングス・リゾート・カジノで開催された、ゴールデン・ボーイ・プロモーション興行のメインに登場した、元世界ランカーのヘスス・ソト・カラス(メキシコ)は、17戦(10KO)無敗のニーコ・マシアス(米)と対戦。10回判定勝ちを飾った。スコアは97-93、96-94、95-95の2-0。

 

 

亀海喜寛(帝拳)選手との2連戦を含め、一つの引き分けを挟み5連敗を喫していた36歳のソト・カラスは、2013年7月のアンドレ・ベルト(米)戦以来の白星で、戦績は29勝(18KO)13敗4分1NC。試合の結果に係わらずマシアス戦を最後にリングを去る考えを示していたが、これは撤回されそうで、G・B・Pにより再びビッグチャンスの機会が巡って来そう。

 

★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります