ガルシアvsコミー 「入札取り下げ!」 IBF世界ライト級指名戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

IBFが指令していたライト級王者マイキー・ガルシア(米)と、1位リチャード・コミー(ガーナ)による指名戦は、2日(日本時間3日)に米・ニュージャージー州スプリングフィールドのIBF本部で予定されていた入札を前に、両陣営が対戦合意に達し、入札は取り下げられた。両陣営は15日以内に、IBFに対し正式な契約書を提出する義務jがある。

 

 

コミーはガルシア戦を歓迎。喜びのコメントを発しているが、ガルシアはIBF世界ウェルター級王者エロール・スペンスJr(米)への挑戦を熱望し、現在も交渉は継続中と見られており、ガルシアが今後2週間以内に、最終的にどんな決断をするのかが注目される。

 

★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります