【Photo】 木村翔 vs田中恒成 WBO世界フライ級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

WBO世界フライ級タイトルマッチ。チャンピオン木村 翔 (青木)vs1位田中恒成(畑中)。9月24日、名古屋市、武田テバオーシャンアリーナ。注目の日本人対決は初回からヒートアップ。激しい打撃戦が展開された。

 

 

序盤をリードしたのは挑戦者。

 

 

王者も意地の反撃。

 

 

互いに譲らぬ打ち合いが最終ラウンドまで続いた。

 

 

試合終了。

 

 

大激戦は田中選手の手が挙がった。

 

 

公式スコアはゾルタン・エニーディ(ハンガリー)116-112、ドン・トレーラ(米)114-114、ダンレックス・タップダサン(比)115-113の2-0で田中選手。

 

 

ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に並ぶ、世界最速タイの12戦目で世界3階級制覇に成功。海外からも注目を集める23歳の新王者の初防衛戦は、「今のところ全くの白紙」(畑中清詞会長)。木村戦を乗り越え、一皮むけた感のある田中選手の今後の防衛ロードに注目。

 

★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります