ゴロフキンvsカネロ 「ファイトマネー」 ロマゴンvsフェンテス | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

15日(日本時間16日)に米・ラスベガスのTモバイル・アリーナで開催される興行のファイトマネー。WBC世界ミドル級&WBA同級スーパータイトル戦。王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)と、挑戦者サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)は、それぞれ500万ドル(約5億6千万円)の最低保証額にPPV、興行売り上げによるインセンティブがプラスされる。

 

 

シーサケット・ソールンビサイ(タイ)に手痛い連敗を喫し、約1年ぶりの復帰戦となる元4階級制覇王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)は20万ドル(約2240万円)。対戦相手。2月に沖縄で比嘉大吾(白井・具志堅)選手に初回KO負けして以来の再起戦となる、モイセス・フェンテス(メキシコ)は3万5千ドル(約390万円)。

 

 

WBO世界スーパーウェルター級戦。2度目の防衛戦となる王者ハイメ・ムンギア(メキシコ)は25万ドル(約2550万円)。挑戦者の同級3位ブランドン・クック(カナダ)は3万ドル(約310万円)。WBA世界ミドル級スーパー王座挑戦者決定戦に出場の、3位ゲーリー・オサリバン(アイルランド)は40万ドル(約4080万円)。4位デビッド・レミュー(カナダ)は20万ドル(約2040万円)となっている。試合の模様は16日、午前11時からWOWOWプライムで生中継。お見逃しなく!。

 

★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります