9/28 下田に勝ちリコ・ラモスvs ジェシー・マグダレノ「元世界王者対決!」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

アイザック・ドグボエ(ガーナ)に敗れWBO世界スーパーバンタム級王座を追われたジェシー・マグダレノ(米・26歳)の再起戦は、2011年7月に下田昭文(帝拳)選手からWBA世界同級王座を奪ったリコ・ラモス(米・31歳)=29勝(14KO)5敗=が相手。試合は9月28日(日本時間29日)に米・カリフォルニア州オークランドで開催されるトップランク興行=アンカハスvsバリオス=で行われる。

 

 

無敗のまま下田選手から王座を奪ったラモス(米)は、初防衛戦でギレルモ・リゴンドウ(キューバ)に6回KO負けを喫し王座転落。その後再浮上出来ずにいるが、2016年以降は5連勝(2KO)と好調を維持している。

 

 

イスマエル・サラス氏をトレーナーに迎え、世界王座返り咲きを目指すマグダレノにとっては大事な再起戦で、ここでもたつきは許されない。ドグボエ戦前の1年間のブランクで何をしていたかが、試されることになろう。

 

★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります