岩佐亮佑vsTJ・ドヘニー 「結果」 IBF世界スーパーバンタム級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

16日、東京・後楽園ホールで開催されたIBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ。チャンピオン岩佐亮佑(セレス)選手に、挑戦者の同級1位TJ・ドヘニー(アイルランド)が挑んだ一戦は、ドヘニーが12回判定勝ちで新王者。スコアは115-113、116-112、117-112の3-0。

 

 

初回から右頬をカットした挑戦者は、苦しい戦いとなったが飛び込みながらの左ストレートは有効。しかし、中盤以降は疲れの色を見せ、王者はジャブ、ワン・ツーに左ボディを交えて攻勢に出る。11回にはドヘニーをダウン寸前まで追い込んだが、追いきれず12回終了。ドヘニーの手が挙がった。

 

★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります