8/13 村田諒太vsロバート・ブラント 「入札」 WBA世界ミドル級 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

WBAはいったん取り下げていた、ミドル級正規チャンピオン村田諒太(帝拳)選手と、同級2位ロバート・ブラント(米)による指名戦入札を、8月13日(日本時間14日)にパナマのWBA本部で開催することを関係する全プロモーターに通知。最低落札価格は20万ドルで、ファイトマネーの分配は50パーセントずつとなっている。

 

 

しかし、村田選手を米国でプロモートするトップ・ランクは、10月20日(日本時間21日)に米・ラスベガスのマンダレイ・ベイ・リゾート アンド カジノで開催のESPN+放映興行のメインカードで、ゴールデン・ボーイ・プロモーション所属のWBC4位ジェイソン・クィグリー(アイルランド)=14戦全勝(11KO)=と対戦させる意向で、G・B・Pの同意も得ており、今後がの展開が注目される。

 

★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります