アルグメドvsカジェロス 「結果」 ミニマム級メキシカン対決! | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

7日(日本時間8日)、メキシコ・グアダラハラ。昨年7月に京口紘人(ワタナベ)選手に敗れ、IBF世界ミニマム級王座を追われたホセ・アルグメド(メキシコ)が、今年3月に山中竜也(真正)選手の持つWBO世界同級王座に挑み8回終了ストップ負けを喫しているモイセス・カジェロス(メキシコ)と対戦。10回判定勝ちで貫禄を示した。スコアは99-90、97-91、97-91。

 

 

現在、IBF11位にランクされるアルグメドは、今年に入って再起2連勝。再び王座挑戦のチャンスを伺う。

 

★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります