サンタクルスvsマレス 「結果」 WBA世界フェザー級王座統一戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

9日(日本時間10日)、米・ロサンゼルス、ステイプルズ・センターで開催されるダブル世界戦のメイン。WBA世界フェザー級スーパー王者、WBCダイヤモンド王者のレオ・サンタクルス(メキシコ)と、WBA世界同級正規王者アブネル・マレス(メキシコ)の一戦は、サンタクルスが12回判定勝ち。スコアは115-113、116-112、117-111の3-0。

 

 

両選手は初回から打ちつ撃たれつの目まぐるしい打撃戦を展開。初戦同ジャッジ泣かせのラウンドが進んだ。互いに決定的場面は作れなかったが、最終ラウンドまで互いに手数を出し合う好ファイトを展開。今度も小差でサンタクルスの手が挙がった。

 

★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります