【Photo】 リオ五輪代表メイヤーvsナンセン 「女子ライト級6回戦」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

5月12日(日本時間13日)、米・ニューヨーク。リナレスvsロマチェンコ興行。女子ライト級6回戦。リオ五輪代表からプロ入り、トップランクと契約するミカエラ・メイヤー(米)=4戦全勝(3KO)=が、ベイビー・ナンセン(ニュージーランド)=6勝2敗1分=と対戦。

 

 

試合はナンセンの抵抗に遭いながらもメイヤーが判定勝ち。スコアはジャッジ三者が揃って60-54の3-0。初の6回戦でプロ入り後、5連勝(3KO)としたメイヤーの今後のキャリア・アップに注目。

 

★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります