【Photo】 世界5位アダメスvsバレラ 「ウェルター級10回戦」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

5月12日(日本時間13日)、米・ニューヨーク。リナレスvsロマチェンコ興行、セミファイナル。ウェルター級10回戦。WBA世界スーパーウェルター級5位カルロス・アダメス(ドミニカ)vsアレハンドロ・バレラ(メキシコ)。13勝(11KO)無敗のアダメスが、持ち前のパワーでキャリア豊富なバレラ=29勝(18KO)5敗=に押し込んで行く。

 

 

KOが期待されたアダメスだが、バレラは粘りを発揮。

 

 

後半、疲れの色を見せた世界ランカーにメキシカンは手数で抵抗。

 

 

試合はフルラウンド終了。

 

 

98-92、97-93、96-94のスコアでアダメスの手があがった。勝ったアダメス(24歳)は、14戦全勝(11KO)。敗れたバレラ(31歳)は、29勝(18KO)5敗。世界を狙うアダメスの今後のマッチメイクに注目。

 

 

★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

               

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります