【Photo】 リナレスvsロマチェンコ WBA世界ライト級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

WBA世界ライト級タイトルマッチ。王者ホルヘ・リナレス(帝拳)vsWBO世界スーパーフェザー級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)。12日(日本時間13日)、米・ニューヨーク、マジソン・スクエア・ガーデン。4度目の防衛戦となるリナレス選手は気合が入る。

 

 

一方のロマチェンコも厳しい表情でゴングを待った。

 

★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

 

試合開始。

 

 

ロマチェンコは初回から目まぐるしく動き、速いテンポでコンビネーションを放ち試合をリード。

 

 

しかし第6ラウンド、リナレス選手の右カウンターでロマチェンコがダウン。

 

★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

 

ボディ攻撃を交え王者もスピード十分のコンビネーションで反撃。素晴らしい戦いが繰り広げられた。

 

★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

 

そして迎えた第10ラウンド。挑戦者の左ボディが王者の一瞬の隙を付いて突き刺さる。

 

 

王者はたまらずキャンバスへ。

 

 

何とか立ち上がったリナレス選手だが試合はここまで。「どんどん面白くなった。あとちょっとだったけど、ボディーは驚きだった」(リナレス選手)。惜しく敗者となってしまったリナレス選手だが、これぞボクシングという見事なファイトを見せてくれました。

 

 

9回までのスコアは三者三様の接戦だった。

 

 

光速対決を制したロマチェンコは史上最速、12戦目での3階級制覇達成に成功。次戦は8月25日(日本時間26日)に米・ロサンゼルスでWBO世界同級王者レイ・ベルトラン(メキシコ)との王座統一戦を予定。そして、7月28日(日本時間29日)に米・ロサンゼルスで行われる、WBC王者マイキー・ガルシア(米)と、IBF王者ロバート・イースターJr(米)による王座統一戦勝者との対戦に繋がって行きそう。また、ボブ・アラムはロマチェンコvsリナレスの即時再戦は否定したものの、今年後半、または2019年前半の再戦に含みを持たせている。

 

★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります