WBSS・スーパーライト級 レリvsトロヤノフスキー、バランチェクvsジギ | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

今年度開催されるワールドボクシング・スーパーシリーズのスーパーライト級は、WBA王者キリル・レリ(ベラルーシ)vs1位エドゥアルド・トロヤノフスキー(ロシア)がノミネートされ、IBF王座決定戦。2位イバン・バランチェク(ロシア)vs3位アントニー・ジギ(スウェーデン)のカードも参戦。

 

 

WBC正規王者ホセ・カルロス・ラミレス(米)は参加しないが、暫定王者レジス・プログレイス(米)が参加。その他にエントリーされるのは、22戦全勝(12KO)のWBC8位ライアン・マーティン(米)。6月23日(日本時間24日)に英・グラスゴーで、1位ビクトル・ポストル(ウクライナ)との対戦が予定されているWBC2位ジョシュ・テイラー(英)の名前があがっている。

 

★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります