フランシスコ・バルガス 「結果」 vsサルカ Sフェザー級10回戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

12日(日本時間13日)、米・カリフォルニア州インディオのファンタジー・スプリング・カジノのリングに登場した前WBC世界スーパーフェザー級王者で、現在、同級2位にランクされるフランシスコ・バルガス(メキシコ)は、ロッド・サルカ(米)=24勝(4KO)4敗=と対戦。6ラウンド3分TKO勝ちで再起2戦目を飾った。

 

 

パワーに勝るバルガスはガードを上げ、頭を低くして前進。強烈な左ビディを交え、サルカを追う。多少の被弾があるものの、バルガスの前進は止まらない。迎えた第5ラウンド、バルガスの右アッパーでサルカはよろよろと後退しダウン。続く第6ラウンド終了後。左目下を腫らしたサルカは試合を諦め棄権した。世界王座奪還を目指すバルガスは、25勝(18KO)2敗1分。

 

★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                 

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります