BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

WBO世界スーパーフライ級王座を返上した井上尚弥(大橋)選手は、5月25日に東京・大田区総合体育館でWBA世界バンタム級正規王者ジェームス・マクドネル(英)に挑戦。3階級制覇を目指すが、WBA世界同級には23日(日本時間24日)の試合で、4位ステフォン・ヤング(米)を12回判定で破った5位レイマート・ガバリョ(比・下写真)=19戦全勝(16KO)=が暫定王者に承認され、統一王者ライアン・バーネット(英)と併せ、3人の世界王者が君臨する状態となっている。

 

 

バーネットは3月31日(日本時間4月1日)に英・カーディフで、2位ヨンフレス・パレホ(ベネズエラ)を相手に防衛戦を予定。今後は新暫定王者の王座統一戦指令を待ち、WBA世界同級の王座一本化が進められると思うが、これには時間がかかりそう。

 

その一方でバーネット、マクドネル擁するエディ・ハーンは、今年度も開催されるワールド・ボクシング・スーパーシリーズで、バンタム級開催の方向で積極的な動きを見せており、このトーナメントで王座統一が実現して行く可能性も高い。今後の動向に注目。

 

★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                 

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります