BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

24日(日本時間25日)に仏・マルセイユで開催されるWBAダブル世界戦。クルーザー級正規王座決定戦と、スーパーウェルター級暫定王座決定戦の前日計量が同地で行われた。クルーザー級戦は1位アルセン・グラムイリアン(アルメニア)と、2位リヤド・メルウィー(コートジボワール)が対戦。中央はプロモーターのセバスチャン・アカリエス(村田vsエンダムで来日)。

 

 

メルウィーは89.5キロでクリア。

 

 

グラムイリアンは89キロでパス。

 

 

試合会場の。パレ・デ・スポーツ・デ・マルセイユ

 

 

司会はジミー・レノンJr。

 

 

立会人は最近の田口vsメリンドを初め、何度も来日経験のあるレンゾ・バグナリオル(ニカラグア)。英語の他、仏語・伊語も堪能。

 

 

スーパーウェルター級暫定王座決定戦は、2位ジョン・ベラ(米)と3位ミシェル・ソロ(仏)の組み合わせ。

 

 

ベラは69.2キロでパス。

 

 

ソロは69.6キロでクリア。

 

 

クルーザー級は統一王者ムラト・ガシエフ(ロシア)、休養王者デニス・レべデフ(ロシア)に続く3人目の王者を決める決定戦。スーパーウェルター級にはスーパー王者エリスランディ・ララ(キューバ)、正規王者ブライアン・カルロス・カスターニョ(亜)が存在する中での暫定王座決定戦となる。

 

★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                 

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります