マイキー・ガルシア IBF世界Sライト級王座を保持! | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

WBC世界ライト級王座を保持しながらIBF世界スーパーライト級王者セルゲイ・リピネッツ(カザフスタン)へ挑戦。12回判定勝ちで4階級制覇を成し遂げたマイキー・ガルシア(米)は、どちらの王座を保持して行くのかの決断を迫られていたが、スーパーライト級王座を護って行くことを決断。IBFが指令した4位イバン・バランチェク(ロシア)との指名防衛戦に挑むことになった。

 

 

これによりWBC世界ライト級王座は空位となり、王座決定戦は同級1位イバン・メンディ(仏)と同級2位ルーク・キャンベル(英)の間で争われることになるが、ロンドン五輪金メダリストのキャンベルは2015年12月にメンディに手痛いプロ初黒星を喫しており、念願の復讐戦が世界王座を賭けた大事な一戦となる今後の動向に注目。

 

★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                 

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります