ドニー・ニエテス1位 「WBO世界スーパーフライ級」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

井上尚弥(大橋)選手が王座を返上したWBO世界スーパーフライ級の最新ランキングで、IBF世界フライ級王者ドニー・ニエテス(比)が1位にランクされた。前回1位で試合から遠ざかっているレックス・ツォー(中国)は6位にダウン。2位アストン・パリクテ(比)、3位ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)は変わらず、4位にマックウィリアムス・アローヨ(プエルトリコ)がランクイン。

 

 

WBOタイトル2冠を制した実績を持つニエテスは、早くからWBOフランシスコ・バルカッセル会長から井上選手が返上した後の王座決定戦への出場を認められ、1位にランクされることが予想されていた。6月にもロマゴンとの王座決定戦を実現させることを希望していたが、ロマゴンが5月にノンタイトル戦を決めたためにこれは無し。9月に開催予定のHBO・スーパーフライⅢで、ロマゴン相手に防衛戦を行いたいと計画を修正。

 

4階級制覇を目指すニエテスが王座決定戦で対戦するのは、ランキング通りにいくと同国人のバリクテ=24勝(20KO)2敗=となる。今後の動静に注目。

 

★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                 

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります