BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

4月21日(日本時間22日)に英・ベルファストで開催される元2階級制覇王者カール・フランプトン(英)と、元5階級制覇王者ノニト・ドネア(比)の一戦をプロモートするフランク・ウォーレンは、この試合をWBO世界フェザー級の暫定王座決定戦とするために動いている。

 

 

WBO世界同級王者オスカル・バルデス(メキシコ)は、3月10日(日本時間11日)のスコット・クイッグ(英)戦で顎を骨折。復帰までには相当の時間を擁することが見込まれている。WBOランキングは1位のジョセフ・ディアスJr(米)はWBC王者ゲイリー・ラッセルJr(米)への挑戦が秒読み。2位にマーク・マグサヨ(比)、3位サカリア・ルカス(ナミビア)、4位にフランプトンで8位がドネア。

 

3位のルカス=21戦全勝(14KO)=が暫定戦への出場を希望しているが、ナミビア以外で戦ったことはなく、ウォーレンがネームバリューのある二人の戦いをアップグレードさせる可能性が高いと見られる。今後に注目。

 

★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                 

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります