BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

17日(日本時間18日)、メキシコ・カンクンのリングに登場したWBC世界スーパーフェザー級5位クリスチャン・ミハレス(メキシコ)は、ライト級10回戦で元世界挑戦者のフェルナンド・デビッド・サウセド(亜)=61勝(10KO)7敗3分=と対戦。8回TKO勝ちを収めた。

 

 

36歳同士の対戦は、サウセドの馬力の前にミハレスは下がる場面が多く、明確なリードを奪えないまま後半戦に。迎えた第8ラウンド、ミハレスの早いだけでパワーが感じられない連打にサウセドがガードを固めた所で試合は唐突にストップ。ミハレスの手があがったが、納得がいかない敗者は不満をあらわにしている。

 

★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                 

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります