【Photo】 山中慎介vsルイス・ネリ 「因縁の再戦」WBC世界バンタム級 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

3月1日、東京・両国国技館で開催されたWBC世界バンタム級タイトルマッチ。元王者の山中慎介(帝拳)選手が、昨年8月に敗れた因縁の相手ルイス・ネリ(メキシコ)と対戦。初戦はネリが勝ったものの、試合後にドーピング検査での陽性反応が発覚。ネリ側は「食べた牛肉のせい」と言い訳し、WBCもそれを支持してのダイレクトリッマチとなった。

 

 

ネリは最初の計量で2.3キロオーバー。2時間の猶予が与えられたが、バンタム級リミットの53.5キロを1.3キロ上回る54.8キロを計測。王座は剥奪された。

 

 

1R。

 

 

TKOタイム2回1分3秒。

 

 

試合後山中選手は、「デビューしたとき、チケットを買ってくれたのは20人だった。今日は何千人も駆けつけて、必死に応援して下さった」とファンへの感謝の言葉を述べ引退を表明。無念のラストファイトとなった。そして確信的オーバーウェイトのネリには、WBCから無期限の出場停止処分が下された。

 

★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                 

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります