【Photo】 コバレフvsミカルキン WBO世界ライトヘビー級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

WBO世界ライトヘビー級タイトルマッチ。王者セルゲイ・コバレフ(ロシア)vs同級4位イゴール・ミカルキン(ロシア)。3月3日(日本時間4日)、米・ニューヨーク、マジソン・スクエアガーデン・シアター。コバレフは返り咲いた王座の初防衛戦。

 

 

初めての米国リングとなる挑戦者のミカルキンは、21勝(9KO)1敗。

 

 

試合開始。

 

 

ガードを高く上げるサウスポーの挑戦者に対し、王者はコンパクトなブローを打ち込んだ。

 

 

試合は完全にコバレフのペースに。

 

 

迎えた第7ラウンド。ダメージが蓄積されたミカルキンが2度目のドクターストップを受けると、スティーブ・ウィリス(米)主審は試合をストップ。TKOタイム7回2分25秒。

 

 

7回までのスコアもコバレフが大きくリードしていた。

 

 

アンドレ・ウォード(米)には連敗したものの、ウォードの引退によって王座返り咲きのチャンスを得たコバレフは、快勝で初防衛に成功。32勝(28KO)2敗1分。今年後半には、同じリングでWBA世界同級王座を護ったドミトリー・ビボル(ロシア)との王座統一戦が期待される。

 

★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                 

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります