ビボルvsバレラ 「結果」 WBA世界ライトヘビー級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

3日(日本時間4日)、米・ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデン・シアターのコバレフ戦興行で行われたWBA世界ライトヘビー級の指名戦。王者ドミトリー・ビボル(キルギスタン)に同級1位のスリバン・バレラ(キューバ)が挑んだ一戦は、ビボルが12回1分41秒TKO勝ち。

 

 

試合はビボルが左ジャブを有効に使うアウトボクシングでバレラをコントロール。挑戦者に付け入る隙を与えず試合を進めた王者は、最終ラウンド、ワン・ツーを決め挑戦者をダウン。何とか立ち上がったバレラだが、試合はここでストップ。ビボルが全勝レコードを13(11KO)に伸ばしている。

 

★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                 

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります