粟生隆寛vsガマリエル・ディアス 「スコアカード」 62キロ契約8回戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

3月1日、東京・両国国技館。元2階級制覇王者・粟生隆寛(帝拳)vs元WBC世界スーパーフェザー級王者ガマリエル・ディアス(メキシコ)。62キロ契約8回戦。粟生選手は悪夢のレイ・ベルトラン(メキシコ)戦以来、約2年10ヶ月ぶりにリング復帰を果たした。

 

 

かつで、日本リングで粟生選手から世界王座を奪って行ったディアスも37歳。ラストファイトを胸に気合が入っていた。右は西出マネジャー。

 

 

立ち上がり固さが目立った粟生選手だったが、第3ラウンドに得意の左ストレートでダウンを奪い、試合の流れを引き寄せた。

 

 

しつこいディアスに対し、粟生選手は随所で的確なヒットを奪った。

 

 

KOシーンが期待されたが、ディアスも懸命に反撃。元王者の意地を見せた。

 

 

試合終了。粟生選手の手があがった。

 

 

公式スコアは79-74、77-76、77-74の3-0。

 


勝った粟生選手は勝利インタビューで声を詰まらせ、「2年10ヶ月の間、試合も何も決まっていない僕をいろいろな方が励ましてくれた」と、再起までの長い道のりを支えてくれたファン、関係者への感謝の言葉を口にした。今後の再起ロードに注目。

 

★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                 

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります