【Photo】 岩佐亮佑vsサウロン 「計量」 IBF世界スーパーバンタム級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

3月1日(木)に東京・両国国技館で開催されるダブル世界戦の前日計量。IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチは、チャンピオン岩佐亮佑(セレス)選手に同級13位エルネスト・サウロン(比)が挑戦。両選手は共に一発でリミットをクリアした。

 

 

岩佐選手は、55.2キロでパス。

 

 

サウロンは、55キロでクリア。

 

 

アンダーカードでは元2階級制覇王者の粟生隆寛(帝拳)選手が、あのレイ・ベルトラン(メキシコ)戦から約2年10ヶ月ぶりにリング復帰。2012年10月に粟生選手からWBC世界スーパーフェザー級王座を奪って行った、ガマリエル・ディアス(メキシコ)との再戦に挑む。

 

 

両選手は共に62キロの契約ウェイトちょうどで計量をクリア。

 

 

粟生vsディアスと、IBF世界スーパーバンタム級戦は、18時よりBS日テレで生中継。メインのWBC世界バンタム級戦は、19時56分から日本テレビ系地上波で放映。好ファイトを期待!。

 

★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                 

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります