【Photo】 ベナビデスvsガフリル WBC世界スーパーミドル級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

WBC世界スーパーミドル級タイトルマッチ。王者デビッド・ベナビデス(米)vs同級5位ロナルド・ガフリル(ルーマニア)。2月17日(日本時間18日)、米・ラスベガス、マンダレイ・ベイ・イベントセンター。昨年9月の王座決定戦でガフリル相手にスプリットの判定勝ちで王座に就いたベナビデスは、ダイレクトリマッチで初防衛に挑む。

 

 

初戦同様、後半のスタミナ勝負に持ち込みたいガフリル。

 

 

試合開始。

 

 

王者は距離を取るアウトボクシング。

 

 

ガフリルの固いガードを破りベナビデスの右がヒット。

 

 

終盤になっても王者のペースは落ちなかった。

 

 

執拗に食い下がり、何とか試合の流れを変えたかった挑戦者は、王座奪取への強い執念を見せた。

 

 

ガフリルは最後までベナビデスの強打に耐えた。

 

 

12ラウンド終了。公式スコアは120-108、120-108、119-109の大差でベナビデス。

 

 

再戦を危なげない勝利で飾り、初防衛に成功したベナビデスは20戦全勝(17KO)。21歳のヤング王者はまだまだ成長途上。今後の防衛ロードに注目。

 

★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                 

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります