WBA世界ヘビー級戦 「入札結果! 」 マヌエル・チャーvsフレフレス・オケンド | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

2月9日(日本時間10日)、コロンビア・メデリンで入札が開催された、WBA世界ヘビー級正規王者マヌエル・チャー(独)と、同級2位フレス・オケンド(プエルトリコ)の指名戦は、オケンド陣営がチャー陣営の10万1千ドルを大きく上回る60万ドルで落札。ファイトマネーの分配は50%ずつとなる。

 

 

オケンド擁するスクエアー・リングのジョン・ホワイトは、4月か5月にオケンドの故郷米・シカゴでタイトル戦を行いたい意向を明らかにし、TV局が放映することを期待している。入札に敗れたチャー陣営は、「シカゴで戦うことは問題ではない」としており、もう3年半以上リングに上がっていない44歳のオケンドとの対戦に自信を持っている。今後の動向に注目。

 

★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                 

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります