BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

6日(日本時間7日)、ガーナ・アクラのブコン・ボクシング・アリーナで開催されたWBO世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦。同級1位セサール・フアレス(メキシコ)と、同級2位アイザック・ドビ(ガーナ)の一戦は、第2ラウンドにドビが先制のダウンを奪いリード。そして迎えた第5ラウンド。ガードを高く上げ前進、重そうな左右パンチを振るってドビを追いかけていたフアレスが、不用意に出たところにドビの左フックが炸裂。キャンバスへ尻餅をつく形でダウンしたフアレスは立ち上がったが、トニー・ウィークス(米)主審は試合をストップ。ドビのTKO勝ちとなった。TKOタイム5回2分12秒。

 

 

元オリンピアンの新暫定王者ドビ(23歳)は、18戦全勝(12KO)。キャリア初のKO負けとなったフアレスは、20勝(15KO)6敗。ケガの為にフアレスとの戦いをキャンセルしていた正規王者ジェシー・マグダレノ(米)は、3月10日(日本時間11日)に米・カリフォルニア州カーソンの興行で復帰防衛戦を予定。その後、ドビとの王座統一選に挑む事になる。

 

★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

        

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります