1/16 IBF入札指令! 「Sライト級挑戦者決定戦」 ジギvsバランチェク | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

IBFはスーパーライト級の次期指名挑戦者決定戦。3位アントニー・ジギ(スウェーデン・下写真左)=21勝(7KO)無敗1分=と、4位イバン・バランチェク(ロシア・米・オクラホマ州マイアミ在住・下写真右)=17戦全勝(10KO)=の両陣営に入札を指令(1、2位は空位)。入札は1月16日(日本時間17日)に、米・ニュージャージー州スプリングフィールドのIBF本部で開催される。

 

 

同級王者セルゲイ・リピネッツ(カザフスタン)は、2月10日(日本時間11日)に米・テキサス州サンアントニオでWBC世界ライト級王者マイキー・ガルシア(米)の挑戦を受けることが決定。予想有利のガルシアが勝つと、次はWBA世界ライト級王者でWBC世界同級ダイヤモンド王者のホルヘ・リナレス(帝拳)選手と戦うとしており、ジギvsバランチェクの行方は大いに注目される。

 

5位にはリピネッツとの王座決定戦で、敗れたとはいえ評価を上げた近藤明広(一力)選手が位置しており、再浮上の為には今後のマッチメイクが大事になる。今後に注目。

 

★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

        

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります