WBA王座剥奪! リゴンドウ 「承認料1万5千ドル」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

2階級上げてのワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)の持つWBO世界スーパーフェザー級王座挑戦に敗れ、WBA世界スーパーバンタム級王座を剥奪されたギレルモ・リゴンドウ(キューバ)のアレックス・ボルネーテ・マネジャーは、「不公平である」とWBAを非難。WBAの特別許可を得る為には、1万5千ドルの承認料を求められていたことを明かしている。

 

 

無冠となったリゴンドウは、今後、スーパーバンタム級からフェザー級までを視野に入れ戦っていく方針だが、2015年から契約するロックネイション・スポーツとの契約は今夏で切れることになる。37歳の元王者がどんな形でリング復帰することになるのか。大いに注目。

 

★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

        

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります