BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

15日(日本時間16日)、ロシアのエカテリンブルグで開催されたWBOインターナショナル・スーパーウェルター級タイトルマッチ。王者でWBO世界2位のマゴメド・クルバノフ(ロシア)に渡部あきのり(角海老宝石)選手が挑戦した一戦は、渡部選手の左瞼の腫れがひどく8回1分15秒ドクターストップとなり試合終了。ダウンシーンはなかった。

 

 

メインのWBOインターナショナル・ヘビー級タイトルマッチ。王者でWBO世界6位にランクされるアレクサンデル・ポベトキン(ロシア)に、WBO世界同級1位クリスチャン・ハマー(ルーマニア)が挑んだ一戦は、ポベトキンが12回判定勝ち。スコアは120-107、120-108、119-108の3-0。勝ったポベトキンはWBO世界王座への挑戦権を獲得した。

 

★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

        

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります