BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

9日(日本時間10日)に米・ラスベガスのリングでミゲル・ローマン(メキシコ)に9回TKO負けを喫し、引退を表明していた元2階級制覇王者オルランド・サリド(メキシコ)が早くも引退撤回。「家に帰りゆっくり考えたら、あの試合はウェイトコントロールに問題があった。」と話したサリドは、スーパーフェザー級かライト級で再起する意向。

 

 

「最近の18ヶ月間で僅か1試合しか戦っていないことで、コンディションをうまく保つことが出来なかった」とサリドは言葉を続けたが、決まりかけていたワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)との再戦を棒に振ったのは腰痛、右腕の負傷が原因だった。

 

魅せる男サリドは、「まだまだファンにスリルを与えられる」と自らを信じているが、ケガによる時間の浪費を取り戻すのは容易ではない。どんな形で這い上がって来るのか。再起戦が勝負となる。

 

★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

        

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります