オルランド・サリド 「引退表明!」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

元2階級制覇王者のオルランド・サリド(メキシコ)が引退表明。9日(日本時間10日)に米・ラスベガスで、ミゲル・ローマン(メキシコ)に9回TKO負けした試合がラストファイトとなった。37歳、通算戦績は44勝(31Ko)14敗4分1NC。

 

 

1996年3月のデビュー戦はTKO負け。その後もパッとせず最初の4年間で8勝(4KO)6敗(5KO負け)1分と見事なまでの脇役選手だったサリドは、主戦場を米国に移し期待のホープたちとの過酷なマッチメイクを勝ち抜き、世界の頂点を極めるまでに至った。この選手の軌跡は、悩めるボクサーたちに勇気を与える足跡だと思っております。お疲れ様でした。

 

★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

        

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります