ロマチェンコvsリゴンドウ 「結果」 WBO世界スーパーフェザー級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

9日(日本時間10日)、米・ニューヨークのマジソン・スクエアガーデン・シアターで開催されたWBO世界スーパーフェザー級タイトルマッチ。王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に、WBA世界スーパーバンタム級スーパー王者で同級1位のギレルモ・リゴンドウ(キューバ)が挑んだ一戦は、ロマチェンコが6回終了でリゴンドウを棄権に追い込み勝利。

 

 

初回こそ慎重な戦いぶりを見せたロマチェンコだが、2回以降はスピードと手数でリゴンドウに付け入る隙を与えず試合をリード。ジリ貧となったリゴンドウは6回にホールディングで減点。このラウンドがが終わると棄権を申し入れた。ロマチェンコの圧勝だった。

 

★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

        

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります