BOXING MASTER/ボクシング マスター

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

WBOオリエンタル・スーパーフェザー級王座決定戦。日本フェザー級6位渡邉卓也(青木)vsライシャン・リー(中国)。7日、中国・香港コンベンションセンター。渡邉選手は今年に入り3戦連続の香港のリング登場。

 

 

22歳のリーは、13勝(8KO)2敗1分

 

 

左端はJBC安河内 剛 事務局長。隣はレオン・パノンチーヨWBO立会人(ハワイ出身タイ在住)。

 

 

試合開始。

 

 

第3ラウンド、リーの左フックで渡邉選手ダウン。

 

 

第4ラウンド、渡邉選手はすかさず反撃に移る。

 

 

第5ラウンド。渡邉選手の左ボディでリーがダウン。

 

 

渡邉選手は立ち上がったリーに一気の連打。

 

 

ダンレックス・タプダサン(比)主審は試合をストップ。TKOタイム5回2分13秒。

 

 

右端は香港のスター、レックス・ツォをプロモートするジェイ・ラウ氏。逆転勝利で王座を獲得した渡邉選手は、33勝(18KO)7敗1分。今後のマッチメイクが楽しみです。

 

世界のビッグファイト! WOWOWエキサイトマッチ 入荷!【ミニグローブ・ペアセット】

       

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります