BOXING MASTER/ボクシング マスター

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

WBO世界フェザー級タイトルマッチ。王者オスカル・バルデス(メキシコ)vs同級4位ジェネシス・カシミ・セルバニャ(カシミ・比)。9月22日(日本時間23日)、米・アリゾナ州ツーソン、コンベンション・センター。

 

 

セルバニアは、29勝(12KO)無敗。

 

 

バルデス、22勝(19KO)無敗。

 

 

試合開始。

 

 

第4ラウンド、挑戦者の右で王者は一瞬右膝を付くダウン。終了間際にもセルバニアは連打を見せた。

 

 

第5ラウンド。バルデスの左フックでセルバニアがダウン。

 

 

6回は、セルバニアが右アッパーからの連打で攻勢。

 

 

パンチの威力でも王者に引けをとらなかった挑戦者。

 

 

7回以降、バルデスは無理な打ち合いを避けアウトボクシング。

 

 

懸命にバルデスを追うセルバニアだったが、決定打は打ち込めず。

 

 

試合終了。両選手が勝利をアピール。

 

 

勝者はバルデス。

 

 

公式スコアはデニス・オコーネル(米)116-110、レビ・マルチネス(米)115-111、ルビン・ロッキー・テイラー(米)117-109で、いずれもバルデス。

 

 

40万ドル(約4500万円)のファイトマネーを得たバルデスは、3度目の防衛に成功。トップランクのボブ・アラムは、12月にも元2階級制覇王者カール・フランプトン(英)との対戦を実現させたい構えを見せている。

WOWOW 世界のビッグマッチを観るなら、エキサイトマッチ! WOWOW

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります