BOXING MASTER/ボクシング マスター

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

22日(日本時間23日)、米・アリゾナ州ツーソン、コンベンション・センターで行われたWBO世界フェザー級タイトルマッチ。王者オスカル・バルデス(メキシコ)に、同級4位のジェネシス・カシミ・セルバニャ(カシミ・比)が挑んだ一戦は、ダウン応酬の好ファイトが展開されたが、バルデスが12回判定勝ち(116-110、119-109、117-109)で3度目の防衛に成功。バルデスのファイトマネーは、40万ドル(約4480万円)で、セルバニアは、5万5千ドル(約620万円)。

 

 

試合後、セルバニアをプロモートするトップランクのボブ・アラムは、年末にもバルデスとカール・フランプトン(英)との対戦を実現させたいと明言。

 

フランプトンはこれまで契約していた元世界王者バリー・マクギガンの下を離れ、新たにアラムとの関係が密接な元ミドル級世界ンランカー、マシュー・マックリンとマネージメント契約を交わしており、アラムは米国での試合開催に自信をみせている。今後に注目。

WOWOW 24日午前11時・リナレスvsキャンベル 3週連続ビッグマッチ生中継! WOWOW

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります