BOXING MASTER/ボクシング マスター

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

WBC世界スーパーフライ級挑戦者決定戦。同級2位カルロス・クアドラス(帝拳・メキシコ)vs同級3位ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)。9月9日(日本時間10日)、米カリフォルニア州カーソン、スタブハブ・センター。

 

 

上はメキシコでクアドラスをサポートする、プロモシオネス・デル・プエブロ(大衆のプロモーション)を運営する、オスワルド・キュキュレ代表。左はクアドラスのサルバドール・ブリマン・マネジャー。

 

中央はエストラーダをサポートする、サンフェル・プロモーションのフェルナンド・ベルトラン。

 

 

立ち上がりはクアドラスが先手を取った。

 

 

中盤からエストラーダが反撃。

 

 

第10ラウンド。エストラーダの右でクアドラス、ダウン。

 

 

12ラウンド終了。最初、クアドラスの勝利が告げられたが・・・。

 

 

しかし、勝敗は逆。その後、エストラーダの勝利が告げられた。

 

 

オフィシャルのスコアは3人揃って114-113。

 

 

WBC世界王座への挑戦権を獲得した喜びのエストラーダ陣営。戦績を36勝(25KO)2敗としたエストラーダは、王者シーサケット・ソールンビサイ(タイ)への挑戦試合が期待される。敗れたクアドラスは、36勝(27KO)2敗1分。

WOWOW 24日午前11時・リナレスvsキャンベル 3週連続ビッグマッチ生中継! WOWOW

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります