BOXING MASTER/ボクシング マスター

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

12月2日(日本時間3日)に米・ニューヨークのマジソン・スクエアガーデンでラストファイトを計画するWBO世界スーパーウェルター級王者ミゲール・コット(プエルトリコ)の対戦相手に、WBC世界ライト級王者マイキー・ガルシア(米)が、「12月は154ポンドでコットと戦いたい」と自ら名乗り。

 

 

コットをサポートするゴールデン・ボーイ・プロモーションのエリック・ゴメス社長もコットvsガルシアに興味を示し、交渉に乗り出す姿勢を明かにしている。

 

3階級制覇王者ガルシアは、7月にスーパーライト級12回戦で元4階級制覇王者のエイドリアン・ブローナー(米)に勝利。リナレスvsキャッベルの勝者との王座統一戦、ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)のライト級王座挑戦を受けるという構想もある。

 

 

一方、8月に亀海喜寛(帝拳)選手との王座決定戦を制し、ベルトを獲得したコットは、かねてからゴロフキンvs.カネロ勝者との対戦を希望していたが、引き分けに終わり再戦に向かう可能性が出て来た為にこれは希望薄。WBO世界ミドル級1位デビッド・レミュー(カナダ)との対戦話しもある。

 

さて、コット最終戦の相手は誰になるのか。今後の交渉に注目。

WOWOW 24日午前11時・リナレスvsキャンベル 3週連続ビッグマッチ生中継! WOWOW

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります