BOXING MASTER/ボクシング マスター

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ。チャンピオン小国以載(角海老宝石)vs同級3位岩佐亮佑(セレス)。9月13日、エディオンアリーナ大阪。指名挑戦者の岩佐選手は2度目の世界戦となる。

 

 

チャンピオン小國選手は初防衛戦。

 

 

ジョー小泉氏の隣は、小國選手に王座を追われたジョナサン・グスマン(ドミニカ)をサポートする、サンプソン・リューコーイッツ氏。

 

 

TBS放送陣。

 

 

元世界王者長谷川穂積(真正・上)氏と、西岡利晃(帝拳・下)氏。

 

 

IBF立会人はベン・ケーティ(豪)。

 

 

小川ゆうじリング・アナ。本業は「ナニワプロモーション」所属のムード歌謡歌手。「演歌の職人」を目指す。

 

 

1R。

 

 

岩佐選手の左で小國選手ダウンの、波乱のスタート。

 

 

2R。

 

 

またしても挑戦者の左が炸裂。王者は再びキャンバスへ。

 

 

岩佐選手は、このラウンド2度のダウンを奪い。益々優位に立った。

 

 

リング下に陣取った角海老宝石ジム陣営。

 

3R。

 

 

小國選手も流れを変えようとするが、なかなか懐には入れない。

 

 

4R。

 

 

岩佐選手はホールディングで減点1。

 

 

5R。

 

 

王者も意地の反撃。

 

 

しかし、挑戦者の長いストレートが正確に王者の顔面を捕らえる。

 

 

6R。

 

 

岩佐選手の左が小國選手を襲う。

 

 

唇からの出血が激しい王者にドクター・チェックが入る。そして試合はそのままストップされた。

 

 

TKOタイム6回2分16秒。ついに岩佐選手の肩に世界チャンピオンベルトがかけられた。

 

 

健闘を称えあう両雄。試合後、小國選手は「最後が岩佐で良かった」と引退を発表。

 

 

元世界王者の小林昭司(セレス小林)会長と記念撮影の新王者。中学2年でセレスジム入り。高校3冠を達成し、鳴り物入りでプロの世界に入り9年。ようやく悲願のタイトルを獲得した岩佐選手は、「ここまで長かった。皆さんのお陰です」と感謝。今後の防衛ロードが楽しみです!。

WOWOW 24日午前11時・リナレスvsキャンベル 3週連続ビッグマッチ生中継! WOWOW

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります